z-d-s-j  母ちゃん魔法使いじゃないから!


z-dは10才線の細い優しい長男    s-jは6才 筋肉質骨太次男    そんな2児を持つコスチュームデザイナーmamoの物作り日記  ワークショップも好評開催中
by z-d-s-j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

理想の息子よ、わしは家はいらないよ。

e0168961_2327201.jpg

息子の要望で「理想の息子」というドラマを一緒に見た。


実家に泊まった時、おばあちゃんと見て面白かったんだって。


ドラマはもう随分長いこと見てない、最近はテレビそのものを見たいと思わなくなったから。


息子の説明によると「僕みたいにクソババアとか言えない子の話」だそうです。


確かに言われたことない(笑)


そのドラマは面白かった。


みんなで声を出して笑った。


そうか、子どもが大きくなったから、一緒に楽しむツールとしてドラマを見るのも有りだね。


9時過ぎまで起きてられるのはイヤだけど、土曜日くらいいいか。


当の息子は顔真っ赤。熱が出るのかもしれないなぁ、少しダルいみたい。


熱を計ったり、アイスノンいる?と聞いたり、服をきがえさせたり。する事は赤ちゃん時代と変わらない。


息子には悪いけど、この時間は内心ホッとする。


最近、骨ばった背中に羽が出来かけてるみたいに、飛び立つ準備を着々と進めてるみたいに見えるからね。


どこに入る?ってくらいご飯をお代わりするのも、何をするにもわしの手を煩わせなくなったのも、


見えない所で我慢したり頑張ったり、わしとは違う考え方を持ち、わしを驚かせるような正論を言ってみたり


それらは全部、独り立ちの準備に他ならない。


「世界を旅しておいで。」


と言ったから、本人その気だし。いつかはいなくなる。


口には出さないけど、それを思うと寂しい。泣けてくる。


でも健康な心と体を作る手伝いを終えたら、家から送り出すのが親の努めだと思ってる。任務は遂行する。


そんな事口に出して言ってはいけないかもだけど、


ひきこもりは親がさせてるんじゃないかな?とうっすら思ってる。


子どもが部屋から、家から、出ない。って…


子どもがかわいかったら飢えさせたらいい。


健康な心と体は与えた。腹が減ったか?食べたかったら自分で稼いで腹を満たせ。


それだけで終わらないのは不思議。


それをせずに、口元まで餌を運んでしまうのは、親が子どもを手放したくないからじゃない?


気持ちは分かる。でもここは自分の気持ちを殺してなんぼ。


せめて、彼らがいなくなった時、彼らを思えるように、一緒に楽しんだ思い出を沢山持ちたい。


今日のドラマ楽しかった。


一緒に見ようって誘ってくれてありがとう。ドラマは好きじゃないって断らなくてよかった。
[PR]
by z-d-s-j | 2012-02-04 23:27 | 日々の事
<< 世界中の子どもたち ぶーぶー >>


カテゴリ
link
twitter
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧